カフェ・喫茶店

【金沢スイーツ】『remref(レムレフ)』芸術品のようなスイーツは感動の美味しさ!

こんにちは!食べることが何より大好きな、金沢在住食いしん坊女子、ぷくこ(@manpukukanazawa)です!

もうね、Instagramのステキな投稿を見るたびに、行きたい行きたいと思っていたお店がありまして…。

でも、なかなか都合が合わず、やっと!やっとおじゃまできました。

それが、今日ご紹介するパティスリー『remref(レムレフ)』

あの、金沢21世紀美術館のすぐそばにある人気店『パティスリーOFUKU(オフク)』の2号店です。

手がけるのは、有名ホテルでも活躍された実力派、西川開人シェフ。

2019年10月のオープン以来、高い評判を集めて、オフクと同じくあっという間に人気店になりました。

噂通り、本当にすばらしいお店でしたよ!

ステキなロケーションにある『remref(レムレフ)』

『remref(レムレフ)』があるのは、金沢市常磐町。

兼六園下から、浅野川にかかる橋をわたって、川沿いの細ーい道をしばらく進んだところにあります。

本当にこの先にあるの?と不安になったころに、左手にオシャレな建物が見えてきます。

お店の前に浅野川が流れ、後ろには卯辰山が見える最高のロケーション!

敷地内には、駐車場も約15台ほど、たくさん完備されています。

『OFUKU(オフク)』に行く場合は、駐車場に停めるか公共機関を利用するかだったので、こうして車でアクセスしやすいのはとてもありがたいですね。

最近金沢を訪れる観光客も増え、『OFUKU(オフク)』も混みあうことが多くなったため、地元の方が利用しやすい店を新たにということで、この『remref(レムレフ)』をオープンしたのだそうです。

ぷくこ
ぷくこ
地元愛を感じます!ありがたやー!

『remref(レムレフ)』の建物や店内も雰囲気抜群

店舗の外観は、木がふんだんに使われていて、北欧風の雰囲気も感じさせるオシャレな雰囲気です。

店内は縦に長く、木の温もりのあるステキな空間。

中に入ると、さまざまなケーキが並ぶ長いショーケースに目を奪われます。

一般的なケーキ屋さんのショーケースは、2段・3段になっているものが多いですが、『remref(レムレフ)』のものは、長くフラットに1段のみ。

全てのケーキが見渡せて、どれにしようかしっかり見て選びやすいデザインになっています。

ぷくこ
ぷくこ
ずらーりとケーキが並ぶこの眺め、圧巻です!

芸術品のような『remref(レムレフ)』のケーキたち!

ラインナップは、プリンやガトーショコラ、ショートケーキなどの定番商品から…

いちごを使ったミルフィーユやタルトなど季節感を感じるケーキ。

チョコレートでコーティングされてツヤツヤ輝く宝石のような、オリジナルの多彩なケーキたち。どれも魅力的ー!

西川シェフのお菓子づくりは「素材を知ることで、素材を大事に、その良さを活かすモノ作り」を信条としているそうです。

ケーキに使われる素材は、シェフ自ら生産者の方に会いにいき、実際に話して、農園や畑を見せてもらっているのだとか。

旬の季節に合わせて、能登のブルーベリーや志賀町のイチジク、湯涌の柚子やクロモジ、桃、山菜など、地元の素材も積極的に取り入れられています。

どれもデザインにもすごくこだわりが感じられて、その美しさに見ているだけでうっとりしてしまいます。

一つひとつが、スイーツの芸術品という感じです!

ぷくこ
ぷくこ
このショーケース、ずっと見ていられるわ…。
【金沢スイーツ】『cacaote(カカオテ)』チョコの魅力を存分に楽しめるスイーツ!こだわりのチョコレートと、ケーキを提供する『cacaote(カカオテ)』。一流ホテルやフランスで活躍したシェフのスイーツは、チョコの味わいを存分に楽しめる魅力的なものばかり。本命へのバレンタインチョコにもおすすめです!...

パンやジェラートも提供

ケーキの他、パンやジェラートも販売されていました。

大ぶりのクロワッサンも美味しそうだったなー。

新年を祝うフランスの伝統菓子、「ガレット・デ・ロワ」も並んでいましたよ。

ぷくこ
ぷくこ
これまた芸術的なビジュアル…!

ジェラートも10種類くらいのフレーバーがありました。お値段はシングル400円(税別)~。

手土産にぴったりのパウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子も並んでいましたよ。

『こつこつおやつ凪』心のこもったスイーツと癒される空間。こんにちは!食べることが何より大好きな、金沢在住食いしん坊女子、ぷくこ(@manpukukanazawa)です! おいしいお菓子と...

大人気!『remref(レムレフ)』のイートインスペース

『remref(レムレフ)』にはイートインできるカフェスペースがあるということで、さっそく気になるケーキをお店でいただくことにしました。

イートイン利用の場合は、レジでドリンクのオーダーも伝えて、ケーキ分と一緒に先にお会計するシステムです。

平日の15時ごろの訪問だったのですが、イートインは満席でした!

大人気ですねー。(満席だったのでスペース全体の撮影は自粛…。)

どのケーキも魅力的すぎて、一つに絞れなかったぷくこ、2個オーダーしちゃいました!

まずは、「フレジエピスターシュ」(600円・税別)。いちごの美味しい時期だけの限定商品だそうです。

とにかく、いちごがフレッシュ!フルーツをはじめとする素材にこだわっているのがわかります。

ピスタチオのムースと、一番下のチョコのスポンジ、リキュールの香りもして色んな味の複雑な組み合わせが美味しい大人なケーキ…。

ぷくこ
ぷくこ
じっくりかみしめながら味わいました!

そして、新作の「グレン」(600円・税別)。丸くてつやつや!

「グレン」というのは、「種子」という意味だそうです。コーヒーやチョコレート、バニラなど全ての素材が種子からできているもので構成されていることから名付けたそう。

甘すぎなくて、なめらかなカカオの香り高いチョコムースの中に入っているのは、なんと黒豆や金時豆。

チョコムースとカスタードクリームと、豆の食感と全てが混ざり合って、絶妙のバランス!

ぷくこ
ぷくこ
んー!!めっちゃ美味しい!

美味しすぎて、もう震えちゃいました。

甘く煮た豆は、和のイメージもありますね。

あんドーナツも名物のオフクさんですから、オフクからの和と洋の融合したスイーツの流れを感じます。

まさに、ここでしか味わえないケーキです!

そして、カフェラテ(550円)もまろやかで美味しかった!

コーヒー豆は、「サニーベルコーヒー」が焙煎するレムレフのためのオリジナルブレンド。

エスプレッソマシンも最新のものを導入しています。

『remref(レムレフ)』の極上スイーツで最高のカフェタイムを

他にも気になるケーキがいっぱい!

長いショーケースのケーキを全て制覇してみたいなぁー♡なんて妄想しちゃいました。

『remref(レムレフ)』という店名は、「~を閉じる、閉める」という意味の「fermer」という単語を、逆から読ませた造語なんだそうです。

「特別な日だけでなく、地域の方の生活に溶け込むようなお店」にしたいという想いからオープンされたそうなので、閉じるの逆で「開放する」という意味なのかな?

オープンな雰囲気で、気軽に立ち寄れる!みたいな…。

お聞きできなかったので、正解知ってる方がいたらコメントで教えてくださーい!

オフクもステキですが、車でぶらぶらと出かけるぷくこは、オフクよりもレムレフ派かな!

皆さまはどっちのお店がお好みでしょうか?食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

ぜひ、芸術品のような極上スイーツで、お店やお家で最高のカフェタイムを過ごしてください!

今日もお腹いっぱい!ぷくこでした。

『Je prends ca(ジュプランサ)』美味しすぎるマカロン!画期的なスイーツセレクトショップ。こんにちは!食べることが何より大好きな、金沢在住食いしん坊女子、ぷくこ(@manpukukanazawa)です! ぷくこは、甘いも...

『remref(レムレフ)』へ行ったみんなの口コミ

『remref(レムレフ)』のお店情報

住所 石川県金沢市常磐町21-2
TEL 076-256-0080
営業時間 10:00-19:00
定休日 月曜日
支払い PayPay可 ※クレジットカードは不可
Facebook https://www.facebook.com/Remref-429539507637846/
Instagram @remref.kanazawa

【2020年1月訪問】※記事の内容(メニュー、価格、サービス)などは、訪問時点でのものです。時間の経過に伴い変更になり、実際とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。