スイーツ

『雅風堂(がふうどう)』上品な味わいが魅力のいちご大福!

こんにちは!食べることが何より大好きな、金沢在住食いしん坊女子、ぷくこ(@manpuku_kanazawa)です!

和菓子より洋菓子が好きなぷくこですが、この時期になると、食べなきゃいけない気になる!のが、いちご大福。

お店ごとに使っているあんこやスタイルも違って、それぞれにこだわりが感じられますよねー。

今回は、色んな方が「美味しいー!」と言ってて気になっていた『雅風堂(がふうどう)』のいちご大福をいただいてみました!

『雅風堂(がふうどう)』ってどんなお店?

おじゃましたのは『雅風堂 八日市店』

八日市5丁目交差点角、「ココス八日市店」の道を挟んでお向かいあたりです。

本店は、白山市徳丸町にあります。(2019年移転オープン)

『雅風堂』は、昭和24年創業の和菓子店。

松任で煎餅屋として始まり、三代に渡って、季節や金沢の伝統文化などを意識しながら、丁寧に一つひとつ和菓子を創作しています。

小豆と和三盆の豊かな風味を楽しむ「喜今日」、加賀手まりにちなんだ「加賀 華てまり」、「くるみ餅」やミルク餡のまんじゅう「まいどさん」など、長年愛されるお菓子が数多くラインナップ。

色々と目移りしますが、やっぱり今の時期のイチオシは「いちご大福」(1個・302円/税込)!

例年115日から販売開始しています。

ショーケースにズラリと並んでました!

・2個入り(604円/税込)

・3個入り(907円/税込)

・4個入り(1,209円/税込)

・6個入り(1,814 円/税込)

・10個入り(3,024/税込)

と箱入りのいちご大福がニーズに合わせて細かく用意されています。

家族の人数分とか、ぴったりの数購入できていいねー!

ぷくこ
ぷくこ
いちご大福専用のピンクの箱もかわいいー♡

『雅風堂』のいちご大福は一体感のある上品な味わい!

さっそく購入して、自宅でオープン!

今回は3個入りを購入してみました。

小ぶりで食べやすいサイズ。

いちごがちょっと透けて見える、てっぺんが少しとんがった形です。

中は、いちごにこしあんを薄くまとわせて、求肥でくるんであります。

いちごがフレッシュで美味しい!

こしあんも上品な甘さで、いちごの甘酸っぱい風味をじゃませずに引き立てています。

全部の素材が1つになって一体感がありますね。

ぷくこ
ぷくこ
何個でも食べられそうだったー!

個人的には、外側の部分は求肥より、もちもちとしたもっとおもちっぽい感じの方が好きかなー。

引き続き、自分好みのいちご大福を探す旅を続けてみようと思います笑

『Cafe甘(かん)』和菓子屋さんがつくるオリジナルパフェが人気!『越山甘清堂』がプロデュースする和カフェ『Cafe甘(かん)』をご紹介!すべて自家製のあんこや白玉、ゼリーなどを使ったオリジナル和パフェが大人気。ドリンクも和カフェならではのラインナップで、ゆったりとリラックスできる雰囲気です。...

いちご大福は3月下旬ごろまでの限定商品!

いつ頃まで食べられるのか気になって聞いたら、

『雅風堂』のいちご大福は、3月下旬ごろまで販売予定とのことでした。

お店の外に「いちご大福」の看板があるのが目印だそうです。

ただし、金沢百番街あんと店では販売していませんのでご注意ください

売り切れるこも多いので、確実に手に入れたい時は予約がおすすめだそうです。(←フォロワーさん情報)

八日市店と白山市の本店のみの商品になるので、気になる方はどちらかの店舗へ足を運んでみてくださいね。

夏限定のぶどう餅も絶品だと噂なので、そちらも食べてみたいなー!

今日もお腹いっぱい!ぷくこでした。

 

『雅風堂(がふうどう)』へ行ったみんなの口コミ

※ご紹介している投稿は、すべて許可を得て掲載しております。

『雅風堂(がふうどう)八日市店』の営業時間、定休日、駐車場など

住所 石川県金沢八日市5丁目450
TEL 076-269-0788
営業時間 9:00〜18:00
駐車場 あり
定休日 年中無休
支払い クレジットカード可
Instagram @gafudo_official
HP https://www.gafudo.co.jp/

※『雅風堂 本店』(住所:石川県白山市徳丸町428番地)もあります。

【2021年2月訪問】※記事の内容(メニュー、価格、サービス)などは、訪問時点でのものです。時間の経過に伴い変更になり、実際とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※写真の無断転用はご遠慮ください。